歯医者を利用する前に虫歯の知識を深めよう
ロゴ

初めての歯医者なら初診内容を知っておこう

わからないことの不安を解消

歯医者でも治療は初めての方にとって、初診治療ではどのような内容で治療をやるかわからないこその不安があるかと思います。その不安を解決するには、内容を理解しておけば問題はないでしょう。そのため、ここでは歯医者の初診時の内容を紹介しています。

初めての歯医者へ訪れたときの対応

検査がメインとなる

歯医者の初診治療では、まずどのような症状が出て歯医者へ来たのか、希望する治療は何であるのかを聞いていくところから始まります。問診票などでそのような細かな情報を記入していく必要があるので、詳細を書いていきましょう。そして、医師は原因を調査するために検査をしていきます。

急ぎの治療が必要な時

初診治療時でも、歯の詰め物がとれたりなど、緊急の治療が必要な場合は検査をきちんと行なった後に応急措置などを取る場合もあります。基本的に初診では、検査をする時間が長いので頭に入れておくと良いでしょう。

イレギュラーな場合

忙しい中でも、どうしても歯医者へ行かなきゃいけない時ってありますよね。それが、歯が抜けてしまい差し歯が必要になってしまった時などです。そういった時間の無い中でも緊急の対応を求める時は、予約時に事情を説明しておきましょう。それに合わせて初診時でも歯の型とりなど、治療スケジュールを組んでくれることが期待できます。

歯医者を利用する前に虫歯の知識を深めよう

治療

虫歯の原因

虫歯になる典型的な原因として、甘い菓子類やジュースを日常的に口にしていることが要因とされています。そのような虫歯を作る要素たちは、虫歯菌が喜ぶものです。他にも、そのような食生活だけでなく、歯磨きの方法を間違ったやりかたで続けていると、虫歯は増加してしまいます。それは、磨き残しがあることによって、虫歯が住み着く住処を作ってしまうと言えるでしょう。さらに、唾液が少ない人も虫歯になりやすいので注意が必要です。唾液が少ないと思う人は、うがいをしたり、ガムを食べるなど、唾液が出やすい環境を整えておくようにするとよいですね。そして、歯並びが良くない人も、歯磨きがしづらかったり、歯間に食べカスが残りやすいので虫歯になりやすいと言えます。岡町にも歯医者はあるので、少しでも虫歯の疑いがあるのであれば検診を受けてみると良いでしょう。

自宅でも行える虫歯の予防方法

虫歯を防ぐには、予防歯科による歯の定期検診が大切ですが、それと同時に行なわなければいけないのが、家での歯磨きケアです。歯医者に行っているから大丈夫なわけではなく、しっかりと歯のケアを自分でおこなうことが虫歯を作らない環境にしていくことの大切さです。みなさんは、食事をした後に歯を必ず磨いていますか?磨いている人がほとんどだと思いますが、さらに歯磨きをするまでの時間も大切なのです。それくらい、虫歯菌が繁殖する環境になるスピードは早いということを頭に入れておきましょう。そして、歯を磨くべき時間は食後の30分以内を目安に歯磨きを行なってください。何故そんなに早いのかというと、食後が虫歯菌が活動的になる時間だからです。虫歯菌は糖分を吸収したがるので、それと同時に歯が溶けていきます。歯が溶けてしまうと、歯を失ってしまうリスクが高まります。そのため、食後の歯磨きはとても重要です。

予防歯科の力

家での歯のセルフケアも大切ですが、やはり歯医者で歯のプロに口内環境を細かくチェックしてもらうことが大切です。それは、自分でも見えない歯の部分を見てもらうことが出来るからです。そして、予防歯科では歯磨きの磨き残しチェックをしてもらえるので、普段の自分の歯磨きがどの程度で、どれくらい足りていないのか具体的に知ることが可能となります。チェックだけでなく、歯科衛生士による、歯磨きの指導もしてもらえます。そのため、普段の歯磨きの仕方を見直すいい機会にもなるでしょう。

歯間の歯石を取り除く

虫歯は、歯磨きのケアが届きにくい歯間の歯石を要因に虫歯になるケースが多いです。そのため、日頃の歯磨きだけでなく、歯間の歯石が残らないように歯間用のブラシを使用して汚れを落としていきましょう。